2007年02月03日

華麗なる一族 関連ニュース

≪華麗なる一族関連ニュース一覧≫


キムタク効果で注文殺到 「 華麗なる一族 」サントラ盤 (スポーツ報知)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070127-00000088-sph-ent

2007年1月27日(土)8時2分 - エンタメ総合

SMAP木村拓哉(34)が主演するTBS系ドラマ「 華麗なる一族 」のサウンドトラック盤(タイトル、曲 ...



華麗なる一族 」で愛人役 女優・鈴木京香 (日刊ゲンダイ) - 2007年1月23日(火)10時0分 - エンタメ総合

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070123-00000001-gen-ent

妖艶さが際立っている。TBS開局55周年記念特別企画ドラマ「 華麗なる一族 」に出演中の鈴木京香(38)。ド ...



ドラマ視聴率、「 華麗なる一族 」2話目では… (オリコン) - 2007年1月22日(月)14時42分 - エンタメ総合

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070122-00000006-oric-ent

華麗なる一族 』の大ヒットでスタートした冬クールの連続ドラマ。話題性の高い番組が多く、ひさびさの視 ...



好発進の「 華麗なる一族 」で主役の木村拓哉だけが浮いている (日刊ゲンダイ) - 2007年1月20日(土)10時0分 - エンタメ総合

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070120-00000004-gen-ent

  視聴率はぶっちぎりだが――。 14日、木村拓哉(34)主演の注目ドラマ「 華麗なる一族 」(TBS)がスター ...



さすがキムタク!“華麗なる発進” (デイリースポーツ) - 2007年1月16日(火)11時25分 - エンタメ総合

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070116-00000010-dal-ent

  SMAPの木村拓哉(34)が主演のTBS系ドラマ、日曜劇場「 華麗なる一族 」の初回視聴率(14日放送 ...



キムタク「 華麗なる一族 」、ダントツの初回視聴率 (オリコン) - 2007年1月15日(月)16時16分 - エンタメ総合

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070115-00000010-oric-ent

  木村拓哉主演、山崎豊子原作のTBS開局55周年記念ドラマ『 華麗なる一族 』の初回が1月14日にオンエアされ、 ...



木村拓哉、TBS55周年ドラマで真のリーダーを演じる! (オリコン) - 2006年11月15日(水)9時38分 - エンタメ総合

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061114-00000015-oric-ent

  TBS開局55周年記念ドラマ『 華麗なる一族 』の制作発表が14日(火)、都内ホテルにて行われた。主演の木村 ...


posted by Karei Master at 10:07| Comment(30) | TrackBack(11) | 華麗なる一族について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華麗なる一族 第4話(2月4日)のあらすじ

華麗なる一族 第4話(2月4日)のあらすじ

万俵鉄平の会社、阪神特殊製鋼が開発した新素材を、
アメリカンベアリング社が、高く評価し、全米自動車業界へ
大々的に展開させたいと申し出てきた。
それは世界最大の鉄鋼国アメリカへ進出するという、
日本鉄鋼業界の悲願を実現するということであった。
同じ頃、金融再編を急ぐ大蔵省では、連日のように
都市銀行同士の合併案が討議されていた。

銀行の生き残りをかけて、小が大を食う合併を目論んでいた
阪神銀行の頭取・万俵大介は、三栄銀行の吸収合併を
画策していたが、有力取引先への根回しは済んでいるものの、
決め手となる弱点を掴め切れずにいた。このままでは、
阪神銀行より大きな三栄銀行に飲み込まれてしまうだけだと
案じている大介は、その弱点探しを徹底させる。

そんな大切な時期に、もうひとつ大切な行事が万俵家一同を待ち受けていた。
銀平と安田万樹子の結婚式だ。その披露宴会場は、さながら
政財界のパーティーのようであった。
大蔵大臣の永田格、元大蔵大臣の大川一郎、そして、
その二人の出席を微笑んでみているのは、
新婦の父・大阪重工社長の安田大左衛門であった。

彼は大介に、時期総理候補二人とパイプを築いている
万俵家と親戚になることで鼻が高いと喜んだ後、
大介が合併先として目をつけている三栄銀行の噂話を話し始めたのだ。
それは、三栄銀行から政界への闇献金の話であった。
しかも、その闇献金を受け取っているのは、鉄平の義父で
次期総裁候補の大川一郎だということが発覚する。
ところが、順調に見えた鉄平の会社にも、急を告げるニュースが飛び込んでくる。
posted by Karei Master at 02:43| Comment(0) | TrackBack(2) | あらすじ&感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華麗なる一族 第3話(1月28日)のあらすじ

華麗なる一族 第3話(1月28日)のあらすじ

阪神銀行から高炉建設の融資に関する連絡が来た。
何とその結果は、50%の融資のうち10%を減額するというのだ。
驚いた鉄平は、思わず飛び出しそのまま車のハンドルを握った。
向かった先は、阪神銀行頭取室。応対したのは専務の大亀。
大亀が静止するのも聞かず頭取室のドアを開けた鉄平であったが、
そこに、父・大介の姿はなかった。

その足で鉄平は大介の家へと向かう。
はたして、そこには弟・銀平の見合いの準備を進める大介と相子がいた。
阪神銀行の役員はみな融資に賛成していたにもかかわらず、
減額となったことを今一度考え直して欲しいと願い出る鉄平であったが、
その話に割って入ったのは相子であった。
親子の話に水を差された鉄平は、相子を怒鳴り散らす。

険悪なムードが蔓延する万俵家のリビングルームの雰囲気を
何とか取り繕ったのは、家に帰ってきた銀平であった。
父と争っても無駄だと説き伏せる銀平。
諦めた鉄平はひとまずその場を去った。
翌日、瀟洒なホテルで、銀平の見合いが行われた。
見合い相手は大阪重工の社長令嬢、安田万樹子。
見つけてきたのは勿論相子だ。家柄、資産、どれをとっても
万俵家に嫁ぐに相応しい女性であった。

満額融資が受けられず高炉建設の資金が足りなくなった鉄平は、
阪神特殊製鋼の経理担当常務錢高と共に、東京へと向かった。
彼は自分の熱意を伝えれば、高炉建設のための融資に
賛同してくれる銀行があるはずだと、自らの足で銀行回りを始めたのだ。
ところがその融資も思うように行かなかった。
そんな折、次期総裁候補との声も高い義父・大川一郎が
鉄平に助け舟を向ける。
posted by Karei Master at 02:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 華麗なる一族について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華麗なる一族 第2話(1月21日)のあらすじ

華麗なる一族 第2話(1月21日)のあらすじ

ついに万俵鉄平は高炉建設という夢に向かって歩き始めた。
彼は建設が成就するまで、帝国製鉄による故意の供給遅延を何とか
凌ごうと従業員たちを鼓舞していた。
鉄平は従業員たちにも高炉建設の決定を告げたのだ。
拍手と歓声で迎えてくれた従業員たちとは相反して、
経理担当常務の錢高は溜息をついていた。
それもそのはず、実は、メインバンクである阪神銀行からの
融資の回答は未だに届いていなかったのだ。

高炉建設の決定を聞いて何より喜んだのは、鉄平を慕っている四々彦だ。
彼は、その決定を聞いたその日に、鉄平に妹の二子と
付き合っていることを伝える。
鉄平はその報告にとても喜んだ。
万俵家という歪んだ家庭環境で育った妹が、
地位や名誉に関係なく純粋に人を好きになっているということに…。

一方その頃、父・大介にも激動の波が押し寄せつつあった。
永田が大臣を担う大蔵省が金融再編の動きを急速に加速していたのだ。
メガバンクが存在しない日本では海外からの代金融資本に
太刀打ちできないため、12行ある都市銀行を4行か5行に
纏め上げようとしていたのだ。
今まさに、大介のところに、阪神銀行の大亀専務と
芥川東京支店長がその、吸収合併される銀行が関西の
銀行らしいという報告に来ていたのだ。

危機を感じた大介は、急遽大蔵省主計局に勤務する娘婿の
美馬を呼び出し、大同銀行など都市銀行預金順位5位から9位の、
大蔵省門外不出の極秘文書を揃えて欲しいと頼んでいた。

時期を同じくして、預金量都市銀行第5位の大同銀行の
三雲頭取は、鉄平の阪神特殊製鋼への多額融資を決定していた。
posted by Karei Master at 02:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 華麗なる一族について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

華麗なる一族 第1話 あらすじ

華麗なる一族 第1話(1月14日)のあらすじ

時は1960年代後半、大阪万博の成功を呼びかけるポスターなどが
数多く貼られている神戸。
そんな時代に、万俵鉄平は、大いなる希望に満ちていた。
鉄平が専務を務める、阪神特殊製鋼は、その名の通り、特殊な
性能を持つ鉄を作る会社。
しかも、ここの所次々と新しい技術を開発し、様々なメーカーからの
注文が相次ぐようになっていた。

その鉄平の父・万俵大介は、関西有数の都市銀行のオーナー頭取。
万俵家では、毎年正月を、美しい英虞湾を見渡す高台に立つ豪華な、
志摩観光ホテルで過ごすことになっていた。

父・大介を中心に、大介の銀行の本店で貸付課長を
している二男の銀平、既に嫁いだ長女の一子、その長女の夫で、
大蔵省主計局次長・美馬中、大学を出たばかりの二女で、
現在花嫁修業中の二子、彼らの母親の寧子、鉄平の妻・早苗、
そしてもうひとり妖艶で聡明そうな女性がひとり。
彼女の名は、高須相子。

相子は、万俵家の子供たちの家庭教師としてやってきたが、
今は、万俵家の発展のためにはなくてはならない存在の女性として、
この年末年始の一家の催しにも必ず参加しているのだ。
その一族は、鉄平の到着を待っていた。
大介が、もう待ちきれないとばかりに痺れを切らしたところに、
鉄平がやってきた。一族は、毎年恒例の記念写真を撮影した。

鉄平が遅れてきたというその重い雰囲気の通り、今年のこの会は、
一族穏やかな気持ちでは望んでいなかった。
それは金融再編のニュースのため。
そんなニュースが押し寄せている時に、長男の鉄平は今後の
阪神特殊製鋼の発展、ついては日本経済の発展のために、
独自に高炉を作りたい、そのためにメインバンクである、
阪神銀行から是非追加融資をお願いしたいと父・大介に願い出る。

しかし、父・大介は、非情な決断を下す。
その一件から、鉄平の人生の歯車が大きくずれ始める。
posted by Karei Master at 02:40| Comment(0) | TrackBack(1) | あらすじ&感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。